Buildkitの紹介
[gnupg-kouza-page.git] / src / gpg2compile.org
index 279bf7d..6d242c5 100644 (file)
 #+HTML_LINK_HOME: index.html
 #+XSLT:
 
-
-
 GnuPG 2のコンパイルはGnuPG 1.x系列に比べると依存が多く、より複雑なプロセスを要します。
 ここではコンパイル方法をまとめました。
 
+尚、以下の手順を半自動的に実行する [[https://github.com/hsaito/gnupg-buildkit][gnupg-buildkit]] を公開しています。こちらを使用することにより、GnuPG 2.1を入手し、コンパイルするのをほぼ自動化できます。尚、こちらの使用にはGnuPG (1.x系列でも構いません)が入っていることが前提になっています。
+
+
 特にLinuxのリモート環境(ホスティングサーバ)などにインストールする際に役に立つと思います。Windowsでのコンパイルについては本項では言及しません。
 尚、ホスティングサーバに置かれている秘密鍵など、ローカル管理に比べて比較的安全性が劣りますので留意しておいてください。
 
 * 必要なソースコード
+  :PROPERTIES:
+  :ID:       8611de63-d810-40fe-a242-0d46b419046a
+  :END:
 - GnuPG 2
 - libgcrypt
 - libksba
@@ -51,7 +55,12 @@ GnuPG 2のコンパイルはGnuPG 1.x系列に比べると依存が多く、よ
 PinentryもGnuPGのFTPサーバにあるのですが、上記のダウンロードページからリンクされていません。当該ディレクトリから最新版をダウンロードしてください。
 GPGME、Entropy Gathering Daemonは通常は必要ありませんが環境、使用法によっては導入する必要があるかもしれません。(Entropy Gathering Daemonは/dev/randomが存在しない環境で必要です。)
 
+GnuPG Modern (2.1.x系)の場合、DirMngrは組み込み済みであるため、別途入手、コンパイルする必要はありません。
+
 * コンパイルの順番
+  :PROPERTIES:
+  :ID:       2b2cf9cf-11e4-4ad6-b3ef-8ba1f2347b65
+  :END:
 
 コンパイルは依存の関係上、次の順番で行う必要があります。
 
@@ -81,5 +90,11 @@ src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
 </script>
 #+END_HTML
 * 注意点など
+  :PROPERTIES:
+  :ID:       419ffeea-c1e3-4e34-b44b-164c8257a959
+  :END:
 ** dirmngrでリンキングに失敗する場合
+   :PROPERTIES:
+   :ID:       3909adac-4011-4f80-9bc0-72b238daebab
+   :END:
 ber_freeのシンボルで問題が出る場合、configureの際にLIBS=-llberを通すことで解決します。